ナノコマドコラーゲン.jpg

水溶性コラーゲン
動物の真皮が原料で、酵素を使用し、低温で溶かすことによってできた、コラーゲンの性質である、らせん構造をもったコラーゲンの水溶液。(通常のコラーゲンは魚の真皮が原料となっており、水に溶けにくく丈夫な性質)
特徴・効果
コラーゲンの純度が高い、不純物がとても少ない、粘りが強いというのが水溶性コラーゲンの特徴
●保湿・・・粘りが強いため、水分を抱える能力に非常に優れている。
●皮膜を丈夫に・・・皮膚に塗布する事により、皮膜形成され皮膚の水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿効果を高める。
●高安全性・・・タンパク質なので毒性がなく、全くの無害

ページの先頭へ